古民家再生
HOME  >>  古民家再生

古民家再生とは

昔の農家は実に豊か。
もう手に入らないものがたくさんあります。たとえば構造の柱や梁から建具一つにいたるまで、古民家には地場で育った太い良材が惜しげもなく使われています。中にはもうお金では替えられないような銘木も見られ、それらはご家族にとってかけがえのない財産です。 先祖代々の家を残したい、と思われる方は少なくありません。しかし、建物が老朽化するとどうしても「もう寿命だから・・・」と、あきらめてしまわれがちです。

でも、ちょっと待ってください。

あなたのお家は本当にもう寿命なのでしょうか? 昔の民家に使われる古材は、200〜300年経っていても大抵のものは再生が可能です。長年の間で傷んだところを一本一本丁寧に補正し、本来の性能を引き出してやることで、再びいのちを吹き返します。そうして手を入れることで、古民家はさらに100年以上でもご家族と共に生き続けることができるのです。 壊してしまっては、もう二度と帰ってこない大切な財産。あきらめる前に、もう一度、見直してみてください。

古民家再生


「再生」というと、よく建てた当時の状態を取り戻すことだと思われていますが、古民家の建て替え時期には、大きく二つの理由があります。 一つは建物が古くなり、ご家族によってもう住めないと判断された時。もう一つは、建物そのものは健在でも、間取りや設備など、機能的に今のライフスタイルに合わなくなった時です。つまり住めなくなるのではなく、住みづらくなること。建て替えられる古民家の多くは後者であり、ただ元通りに直しても、結局長くは住み続けていけないのです。

古民家再生


渡辺建工なら新築を超える再生をご提案いたします

■古民家での悩みの数々。

  • ・建具などの建て付けが悪い
  • ・老朽化が進んで外観も悪い
  • ・シロアリの被害
  • ・床がプカプカする
  • ・カビ臭い
  • ・すきま風が入って寒い
  • ・水まわりが古い、暗い、寒い、ジメジメする、臭いが気になる
  • ・収納が少なく物が片づかない
  • ・台所が使いづらい ・2階に部屋が取れない
  • ・ 二世帯向きでない
  • ・全体的に暗い

 

■渡辺建工ならすべて解決いたします。

  • ・先祖代々の家を残したいと思われている方
  • ・古い家が再生可能かお知りになりたい方
  • ・再生か新築かで悩んでおられる方
  • ・部分的に手を入れられたい方
  • ・夏涼しく冬暖かく過ごされたい方
  • ・健康的でバリアフリーの古民家を希望される方、お気軽にご相談ください

お問合せ

株式会社 渡辺建工

【本社】
茨城県筑西市藤ヶ谷1845-11
tel.0296-37-6124
fax.0296-37-6004

【営業所 古民家再生】
茨城県筑西市藤ケ谷貸野1858-12
tel.0296-20-3960